英語の勉強について

海外旅行から帰ってきたとき、「次はもっと英語を勉強してから行くぞ!」と思ったり、街中で外国人旅行者に道を尋ねられて、場所は分かっているのにうまく伝えてあげられなかったりすると、「英語を勉強しなくちゃ」と思ったり。

しかしながら、そのモチベーションはいつまでも続かず、英語の勉強はいつの間にかおざなりになってしまいます。
ユニクロや楽天では、英語が公用語となり、外国人の大量採用をする会社もあります。
これまでは、日本企業に就職すれば、英語はそんなに必要ないと思っていたかもしれませんが、日本の市場だけに頼ってやっていける時代でもありません。
今では、英語が話せるのは当然のスキルとなりつつあり、英語プラス専門分野の知識が必要ともいえるでしょう。
でも、英語を勉強しても、なかなか外国人とうまくコミュニケーションをとることができない人も大勢いるのも現実です。
小学校でも英語は取り入れられていますが、今後はきっと英語が喋れることは最低限のことであり、英語が喋れない人間は就職活動などでも取り残されたり、昇進が難しくなる時代がくるかもしれません。
そこで大切なのは、試験のための英語の勉強ではなく、実際の社会で役に立つ英語を勉強していくということです。
どんな場面でどんな風に使うのかを身に付けることはとても大切なことです。
相手が言っていることを100%理解できなくても、自分が伝えたいことを完璧な英語で言えなくとも、必ずフィーリングとして伝わります。
それを上手に感じ取る感覚を身に付けることも大切ではないでしょうか。

英語の勉強法は動画

これから海外に住んだり旅したりする予定なので他言語の習得に関心があります。
そのため、今は英語習得にチャレンジ中です。
良かったことはやはりコミュニケーションでしょう。

こっちに積極性がなくても英語が話せれば話しかけてくれる外国人はたくさんいて豊富なジャンルの情報を知ることもできました。
また、海外旅行に行った際に何か問題が起こった時は対処することも可能です。
自分がインドに旅行しに行った時には、常にだまされるような状況になりその都度英語を使って回避していました。

おそらく英語がしゃべれてなかったら騙されてお金はなくなり思うように観光できなかったかと思います。
逆に失敗というより大変だと思ったのは、どんなに語学学習をしようともネイティヴのようになるのは難しいということです。
もちろん不可能なことではないですが、かなりの期間を要するように思いました。
将来ビジネスで英語を使用したいのと世界各国でビジネスをしたいので、ビジネス用語や英語の発音は重要視しています。

英語ができれば必ず就職ができたりお金が稼げるとは限らないと思います。
しかし何より大切なことは楽しむことです。
多言語習得を楽しんでるうちにいつの間にか就職先やお金がかってについてくるものだと思います。

ここで楽しむヒントとして最初に発音練習することをおすすめします。
なぜならどんなに単語、文法を覚えても発音が良くなければ伝わらないからです。
逆に発音が良くなってくるとコミュニケーションはもちろん、自分の発する英語が気持ち良くなり何より一気に楽しくなります。

また勉強法は動画がいいようです。
英語を頭で意識的に覚えるより、無意識に感覚で覚えた方が頭の中でいったん日本語に訳すより断然スピードが速くなりコミュニケーションも円滑になります。
まずは映画を英語音声、字幕なしで見るのも良いと思います。

«
»