英語の勉強について

海外旅行から帰ってきたとき、「次はもっと英語を勉強してから行くぞ!」と思ったり、街中で外国人旅行者に道を尋ねられて、場所は分かっているのにうまく伝えてあげられなかったりすると、「英語を勉強しなくちゃ」と思ったり。

しかしながら、そのモチベーションはいつまでも続かず、英語の勉強はいつの間にかおざなりになってしまいます。

ユニクロや楽天では、英語が公用語となり、外国人の大量採用をする会社もあります。
これまでは、日本企業に就職すれば、英語はそんなに必要ないと思っていたかもしれませんが、日本の市場だけに頼ってやっていける時代でもありません。

今では、英語が話せるのは当然のスキルとなりつつあり、英語プラス専門分野の知識が必要ともいえるでしょう。
でも、英語を勉強しても、なかなか外国人とうまくコミュニケーションをとることができない人も大勢いるのも現実です。

小学校でも英語は取り入れられていますが、今後はきっと英語が喋れることは最低限のことであり、英語が喋れない人間は就職活動などでも取り残されたり、昇進が難しくなる時代がくるかもしれません。

そこで大切なのは、試験のための英語の勉強ではなく、実際の社会で役に立つ英語を勉強していくということです。
どんな場面でどんな風に使うのかを身に付けることはとても大切なことです。

相手が言っていることを100%理解できなくても、自分が伝えたいことを完璧な英語で言えなくとも、必ずフィーリングとして伝わります。
それを上手に感じ取る感覚を身に付けることも大切ではないでしょうか。

«
»