お金の勉強の大切さ

お金を稼ぐためには、運や偶然などではなく、お金の勉強をすることが一番大事だと思っています。
お金の勉強をして知識を増やし、実際にその知識をもとに具体的な行動に移すこと。

お金持ちになれない人たちは、圧倒的にお金の勉強をしていない人が大勢です。
投資や資産運用という単語を聞くだけで、怖いと思ってしまい、先に進みません。
日本では、お金に関する勉強は、なんだかタブーのような雰囲気があるように感じます。
学校の授業では勿論教わりませんし、友人間でも話せる雰囲気ではありません。
海外では、義務教育の中で教わることもあるようですね。
お金は誰しもが持ち、使います。
お金がなければ生活は成り立ちません。
それなのに、お金の勉強をしないのですから、お金で失敗することが多いのは当たり前のことではないでしょうか。
何をどうすればいいのか知らず、ろくに勉強もせず、資産運用を行ってしまえば、莫大な損失を出してしまうかもしれません。
ビギナーズラックがあっても、それは長続きはしません。
お金を増やすために始めたのに、いつの間にか資金がゼロになってしまっていては、本末転倒です。
また、増やし方や貯め方だけ勉強していてもダメです。
「節約」も大変重要なことです。
サラリーマンは限られたお給料の中でやりくりしなければならないのです。
お金の価値観は人それぞれですが、お金について真剣に考えて、お金の貯め方や増やし方を勉強するようにしなければ、10年後、20年後にはどんどん違いが出てきてしまいます。

お金にならないPR

PRと言うと私はいつも中途半端だと思う。
私自身のある一面をPRしてもそうやって人にPRして少しでも人によく思われたんなら、そのイメージが続くようにやればいいのに重荷になったりやっても意味ないのでは?と言う考えが頭を横切り自分のやってる事を中途半端に終わらせてしまう。

それはなぜかってよく考えるが結局は金の話。
金が絡んでまで人は自分のPRしたい事を使わないし(この絵買ってくれー。
俺の作った食べ物美味しいですよと、金にならないことをずっとPRし続けてもゼロで、いくら積み重ねようが掛け合わせようがゼロのまんまである。
そんなわけで金が最も良いモチベーションになるわけですがそんな金を稼ぐにもやはり自分をPRしなければならないわけでPRと言うのはついて回る。
バイトやるにも履歴書なり職務経歴書なりむろん面接も。
俺が金にならんPRを再開する時は金になるPRをし続けて金を得てそして金が満足いく所まで稼いだらと決めてるが、だからこそ金にならないPRをし続けてる人は偉いと思う。
世の中そりゃ金じゃないが金にならん事をPR以外でもやり続けてきた俺にとって金はとてつもすぎるほど重要であり死活問題である。
そんな中スーツ服来て就職しに必死にPRする学生達の姿を見ながら俺は心の中で敬礼しまくってる。
それは勿論金にならんどころか運賃費云々でマイナスになるPRを何度もやり続けたとしても、就職と言う手に入れたいもの手に入れたPRに変わるようにと。

»