お勧めのヒアリング上達方法

私が英語のヒアリング上達のために見た英語のDVDをいくつか紹介したいと思います。
まずは、王道の「FRIENDS」です。
日常会話がほとんどですし、とにかく内容が面白いため、飽きずに続けられます。
一話が30分なのも続けられるコツですね。

ちなみに、「FRIENDS」は、大学の中上級英語や海外の英語の語学学校でも教材として使われているそうで、私のネイティブの友達(英語教師)も、「FRIENDS」は英語の勉強にもってこいだと言っていました。
他のお勧めは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、「プラダを着た悪魔」、「スタンド・バイ・ミー」など、割と日常的なことが題材になっている作品をお勧めします。
沢山の作品を見るよりは、一つの作品を丸暗記するぐらい見ることをお勧めします。
そのほうが、確実にヒアリング勉強法に向いています。
海外に住んでいた頃、映画館で(勿論字幕無しで)「ダ・ヴィンチ・コード」を見たときは、さっぱり意味不明でした。
英語だけじゃなく、色んなバックグラウンドの知識も必要ですので、字幕があっても理解は難しかったでしょうね。
こういった作品はお勧めしませんね。
最初は、あまりセリフも耳に入ってこないかと思いますが、根気良く見続けましょう。
分からないセリフは無理に理解しようとしなくても大丈夫です。
何度も見続けているうちに、自然とセリフが頭に入って、なぜだか理解できてくるものなのです。
焦ったり、ストレスを感じては、本末転倒ですから、あくまでも作品を楽しみながら鑑賞して、ヒアリングも上達していけばよいでしょう。

英語のストーリーをひたすら聞く

カタコトなら話せるけど、やはり英語は完璧に極めたい!

大学の専攻が英文学だったのですが、文学を学ぶのと会話を学ぶというのでは全く違うものでした。
例えば、翻訳など専門的な分野のお仕事に従事する方は活かせるせんこうでしたが、私はもっと会話力をつけたいと思いました。
実際に聞いて話して、会話力を習得していくものと考えます。

私がこれまでチャレンジした語学学習は、英会話スクールやずっと英語のストーリーをひたすら聞くもの(スピードラーニングいうものでしょうか?)や、テレビの基礎英語などがあります。
スクールに関しては、やはり本物の外国人に触れるということでヒアリングの方が上達したと思います。

ただ、出身国によって発音の仕方やイントネーションが微妙に違うので、時にやりづらさも感じました。
そして、よほどの目的がないと料金が高いので気軽にはできない学習法でした。
テレビの「大人の基礎英語」というのは初心者向けでしたが、基本をしっかり押さえていましたし、発音も身につきましたし、解説が分かりやすくとても入っていきやすかったです。

もうひとつ、これは勉強法というより趣味の域になってしまいますが、私は映画を観るのが好きなので、字幕で観つつも、耳を英語に傾けるようにしています。
これも、俳優さんによって聞き取りやすい人とか、イギリス映画とアメリカ映画では少し発音が違うとかいろいろ感じますが、楽しんでできる習得法だと思います。
自分に合った方法で学ぶのが一番身につくと思います。

«
»