貯金のちょっとした知恵

私は29歳になるまで、貯金が出来ませんでした。
もらったお給料は全部使う。
それが私のお金の使い方でした。
しかしながら、周りの友達が結婚・出産を経験し、マイホームの話が出てきたりすると、私も急に焦り出しました。

このままでは、ダメだ、と。
いつまで経っても貯金の出来ないダメダメ女では、この先生きていけない!と一念発起したのです。
まずは100万円貯めることを目標にしよう、とあらゆる節約の知恵を考え出しました。
100万円が貯まるまでは、絶対に貯金に手をつけないぞ、と心に決めて。
一ヶ月の支出から残りを貯金する、というのでは、絶対に貯金なんて出来ないと思ったため、「先取り貯金」をすることにしました。
お給料をもらったら、まず一定金額を貯金に回すのです。
私は実家に住んでいたので、お給料の3割を貯金に回すことにしました。
使っていなかった口座を貯金用口座と決め、手取り30万円のうちの3割、つまり9万円をお給料日に先に貯金用口座に移し入れました。
物欲に負けそうになりながらも、我慢して、我慢して、先取り貯金を続けました。
自分のお給料は21万円だと思い込むのです。
最初の頃は、とても苦しいことでしたが、だんだんと貯金通帳の残高が増えていくにつれ、喜びを覚えるようになりました。
それからは、もうちょっと先取り貯金が出来るのではないかと、貯金額を9万円から10万円に増やしました。
そして、なんと一年足らずで目標の100万円を達成したのです。
私の29年間はなんだったの?もっと早く始めればよかった…と何度も何度も思いましたが、先取り貯金に踏み切れたことは、私の人生の大きな転機となったのです。

社員を定着させる仕組み
就業管理の確認項目
残業の指示・申請・承認および予定と実績のチェックがリアルタイムで確認できます。就業管理のIT化はコチラ。
biz-work.jp/
関連:www.miniaturesbypost.com

«
»