母親の再婚

知人が再婚して、昨日結婚披露宴を行った。
私は参列するほどの仲ではないが、よく知っている人である。
SNSでアップされた挙式の写真におめでとうございますのコメントを書き込んだ。

この方は32歳で小学6年生のお嬢さんがいる。
妊娠したのは19歳のときで、出産した20歳のときになるとすでに離婚をしてしまった。
それから女手一つで育ててきたが、この度、晴れて再婚を果たしたということだ。
私の母も、私が10歳のときに離婚をしているので、お嬢さんの気持ちは少し分かるが、母親が再婚して、しかも披露宴を挙げるというのはちょっと複雑な気分だ。
小学6年生という多感な時期に、挙式で母親の「誓いのキス」など見るのは気持ち悪いと思ってしまうのではないか。
二人の馴れ初めやデートの度に撮った写真をまとめたスライドショーなど、どんな気持ちで見れば良いのだろうか。
お嬢さんでなくて、中高生の息子だったら絶対に参列したくないと思う。
私は、離婚後にまた新たにお付き合いを始まることについては悪いことではないと思うが、母が「女としての姿」を見せていると思うと、ちょっと吐き気がする。
シングルマザーの女性の多くが、「まだ私は女として、」というようなことを言うが、なんとなく微妙な気持ちだ。
母として歯を食いしばって生きていくほうがカッコイイと思う。
離婚したのも親の勝手なのに、「私は母としてじゃなく、女としての道も捨てたくない!」なんて言われても、だから女としてダメだったから離婚したし、良い男と結婚できなかったんでしょ?と思う。
こんなこと、口が裂けてもシングルマザーの前では言えない。

«
»