ネーミング

結婚も出産もしていないのですが、もし子供が生まれて娘か息子に名前を付けるとしたらなんて名前にしようかという妄想をときどきしてしまいます。
自分の名前は「春に生まれたから」と割とテキトーな理由で名づけられたようなので、自分の子供の名前はちゃんと意味のあるものにしてあげたいなあと思います。

字画や字面もトータルで見てじっくり考えたいです。
でも最近流行しているようないわゆる「キラキラネーム」だけには絶対したくないというのが私の所感です。
当て字なのは素敵だけれども誰にも読めない名前というのは意味がないのではないかなあと思っているからです。
そこまでして個性を作らなくても、と余計なお世話だと思いながらもついつい思ってしまいます。
また「読めない字」というのは将来的に困るというか、要らない手間が必要になってしまうからです。
実際、私自身の名字も難読漢字を使用しているものなのですが、老若男女問わず初めてお会いする人に「これってなんて読むの?」と何回も聞かれてうんざりしてしまっているので、名字は仕方ないとしてせめて名前くらいは普通のものにしてあげたいと思っています。
説明するのは苦というほどではないのですが、普通に読める名前だったら何回も聞かれなくて楽なのに……と感じます。
自分か相手の名前から一字とるのも素敵だなあと今は考えています。
若くして子供を授かった友人がいるのですが、彼女の名前から一字と結婚相手の名前からの一字がとてもマッチした名前でかわいらしくていいなあと思いました。
わたしもできたらそうしたいなあと思います。

名づけの時に考えること

私が生まれたころからでしょうか、女の子の名前に子がつかない人が増えてきました。
実際に私の友だちでも子がつく名前のこは一人しかいません。
私の母の時代には、女の子の名前には子がつくものだという感じだったみたいで、母は4人姉妹ですが全員に子がついています。

今では、女の子も男の子も当て字で名前を付けている子が多いので、いったいどんな読み方をするのかわからない人もたくさんいます。
学校の先生は大変だろうなぁなんて思ってしまいます。
むずかしい字の組み合わせだったり、当て字だったりしたら、一度で読んでもらえることはないから、めずらしくて覚えてもらえるなんていう人もいるけれど、あまり変な当て字だと覚えるのが面倒になってしまいます。
普段はぜったいに使うことの無い様な字を使っている人に限って、両親はあまり漢字を知っているわけではなかったりして、そのギャップにも驚きます。
名前の付け方はひとそれぞれ違うと思うけれど、まったく今までの人生で使ったことも見たことも無いような字をつけるのはちょっと違うような気がしてしまいますね。
やはり、その子の将来を考えて、願いを込めて名前を付けてあげるのが一番だと思います。
親のみえみたいな難しい漢字の組み合わせで、あとから無理やりつけた意味なんていうのは本当に子供のためになるのか疑問が残りますね。
シンプルで親しみやすい名前が実は一番魅力的なのかもしれないですよね。

«
»