子育てと日記

私、もうすぐ出産を控えております。
今回の出産は二人目なのですが、「二人目になると少し手抜きになってしまう」って言われているのを不思議に感じていました。
ですが、実際妊娠すると本当に手抜きになってしますんですね。
なんだか残念な気分ですが…。

でも仕方ないんですよね。
うちは年子なので尚更だと思うのですが、上の子の面倒を見るのがとても大変で。
お腹の子は二の次、三の次になってしまいます。
気を付けてはいますが。

一人目の時はほぼ毎日日記をつけていました。
それが今回結構役に立っているのです。
なので今回も日記をつけようと購入したのですが、ほとんど書いていません…。
何より、今はネット内に日記みたいな感じで一言残していたりするので、わざわざ日記に同じこと書くのもな…っていう気持ちもあります。

そして写真もそうですね。
一人目の時はお腹の写真を撮っていたけど、今回は全然。
一枚も撮っていないですね…。
産まれてからは一人目の時と変わらずに、たくさん写真を撮ってあげたいのですが。

そういえば、周りも二人目となると変わりますよね。
エコー写真を見たりしていましたが、今は全然見ないですね。
主人も含めて…ですけど(汗)

まあ私自身も年子の二番目なのですが。
小さい頃の写真ってほとんどないです(笑)
特に一人で写っている写真なんて片手で数えれる程度だと思います。
でもしっかり愛情は受けましたね。

私もしっかり二人ともに愛情を同じずつ与えてあげたいです。
どちらかが嫉妬しないように…。

育児ブログを読むのが好き

現在子育てをしています。
子どもはどうしても騒いだりバタバタしたり、なかなか思い通りには動かないもの。
社会(周りの大人など)から、どう思われているかと気になることが多くなりました。

温かく接して下さる人ももちろんいますが、冷たい言葉や視線を受けることもあり、悲しいと思うこともあります。
子どもを抱っこして電車に乗った時、子どもが泣いたりしたわけでもないのにこちらを見て舌打ちされたことがありました。
それなりに混んでいたので邪魔に思われたのかもしれませんが、何故他の人ではなく子連れの私になのかと悔しくなったことがあります。もう少し子育て世代にも温かい社会であってほしいと思います。

育児ブログを読むのが好きです。
絵日記を書いている人が多く、絵が描けないので羨ましいです。
同世代の子どもをもつ親の悩みやエピソードを見ることで共感したり、ホッとしたり、新しい発見があったりと、毎日バタバタしている中、色んな育児ブログを読んでいる時は私にとって癒される時だと思っています。
ブログから人気のある人は本を出す人もいて、買っているのですが最近は特に多くてとても追いつけず。
育児ブログ本はそこまで需要のあるジャンルなのかとたまに疑問に思いつつ、本当に気になるものだけ買って、色んなブログを読んでいます。

«
»