人生の先輩から学ぶべき事

年上の所謂お局さんのような存在の方がいて、とても仕事が出来る方なんですが機嫌が悪いと無言で、質問してもそっけなくさらにさりげなく暴言を吐かれ、自分の仕事も気分によっては押し付けてくるような方でした。基本的に二人体制なのでその人の機嫌取りをしていくのがしんどく、また馬鹿らしくなって来たので辞めました。

その上8時半出勤なのに毎日7時50分に来て業務と全く関係ない上司が昨日使った皿洗いから始まり、それは勤怠に入りませんでした。量が多いと時間ギリギリになり何故か注意される始末でした。

給料ももちろんですが自分が楽しみながら仕事が出来ることを重視しました。結果オープニングから入ったおかげもあり人間関係はとても楽しく、自分に合った職業に就くことが出来ました。もちろん仕事ですので毎日100%楽しい仕事というわけには行きませんが少なくとも70%は楽しんで仕事することが出来ました。給料は少し減りましたが無意味なストレスを感じることがなくなり、年齢層も同じ方が大勢いたので転職して本当に良かったです。

就職難と言われる時代が長く続き、なかなか転職しても今以上の職場が見つからないのではないかと思いますが、長いスパンを考えると安易になってはいけませんが転職するのも一つの人生の転機かと思います。今の仕事をしながら次を見据えて考えたり資格を取ったり下準備しながらだとよりスムーズかつ上手に転職できると思います。毎日のことなので悩むことも多いと思いますが理不尽な悩みやストレスを抱えて過ごすより他を考えていくのも一つだと思います。

«