世の中不公平ではないか

国が、高所得者にも応分の負担を求めることを目的に、年収1200万円を超すサラリーマンは所得増税となることになったとニュースで見た。
なんてことだろう。
大変恐ろしいニュースではないかと思いながら見ていた。

どうやら、中身としては、給与収入から必要経費を見積もった額を差し引く「給与所得控除」を縮小するということらしい。
控除額が減れば、課税対象額が増えるため、夫婦と子ども2人の4人家族では年間7万?8万円の負担増となるのだとか。

うちはちょうどそれぐらいの年収だが、今でも生活は全く楽ではない。
子供が2人いて、住宅ローンも抱えている。
都内の普通のマンションだし、外車にも乗っていないし、ブランド品などの贅沢品なども購入しない。

海外旅行なんかも行けないし、妻はパートに出ている。
子供のための貯金や万が一に備えた場合の貯蓄が出来なくなるのではと少し心配である。
それなりに苦労して、努力して、成績もあげて、今の年収になった。

増税は仕方ないにしても、年収1200万円のサラリーマンには余裕はない。
気を引き締めて生活し、働きづめで将来が不安である中で、今の生活を一生懸命送っているだけだが、これではなんのために働いているのかわからない。

多めに税金を払うことによって、社会保障が充実するのかといえば、そうでもないだろう。
税金を多く収めている人たちのおかげで、生活保護受給者や非課税所得者が社会保障のもとで生活しているというのに、搾り取れるところから搾り取ろうというのはあんまりではないだろうか。

不公平感が拭い去れない。

«
»